意外と知らない!?決済代行導入によるメリット


決済代行サービスとは?

決済代行サービスとは、商品販売店とクレジットカード会社の間に決済代行会社が入ることで決済をより円滑に行うことができるようになるサービスのことです。本来お店はクレジットカード会社と契約を結ぶことでクレジットカード決済ができるようになるのですが、もし複数の会社と契約したい場合、契約や決済にとても手間がかかりお店には相当な負担となるでしょう。そこで複数のクレジットカード会社との契約や決済をお店の代わりに行ってくれるのが決済代行会社です。複数ある会社の契約を一度に結ぶことができ、また決済も適切に管理してくれます。

決済代行会社には、クレジットカード決済の他にも口座振替決済や電子マネー決済にも対応している会社も多く、さまざまな支払い方法を取り扱うことができます。

決済代行導入のメリット

決済代行を導入すれば販売店にも購入者にもメリットがあります。まず販売店側については先にも述べた通り、面倒な手間を省けることです。契約などの事務的に面倒な作業まで代行してくれるので仕事の負担を大きく減らすことができます。また、複数のクレジットカードや電子マネーを取り扱うことができるので自ずとお客さんも以前より多く集まることでしょう。

購入者側のメリットは、店舗の支払い方法のバリエーションが豊富になるので購入がしやすくなります。また手元に現金がなくても商品を買うことができる機会が増えるので、どうしても欲しい商品を欲しいタイミングで購入することが可能となるのです。

決済代行サービスでは、事業者はクレジットカード決済や電子マネー決済、コンビニ決済、銀行振込などいろいろな決済方法を一括で契約・管理してもらえます。各決済会社からの入金も一括で行われて便利です。

You may also like...