声優になるための専門学校とは?どんなことを学べる?


声優の専門学校はどんなところ?

声優の専門学校は、将来プロの声優として活躍出来るような人材を育てることを目的としています。学校やコースによって違いはありますが、約2年間で声優として必要な知識や技術を学びます。基礎から教えてくれるので全く知識や経験が無くても声優を目指すことができ、卒業後はプロとして活躍するチャンスもあるのです。プロダクションに所属するためのオーディションも定期的に行われていて、デビューのチャンスも広がっています。

2年間で学べることとは?

通う専門学校によって授業の内容は変わってきますが、多くの専門学校では1年目は声優になるための基礎的なことを学んでいきます。正しく発声するための腹式呼吸の方法や体力を作るためのダンスや筋トレ、滑舌を良くするための練習です。滑舌を良くするための訓練では、アナウンサーが使っているような早口言葉にも挑戦します。また学生のうちから体力をつけておくことで、長時間のアフレコにも耐えられるようになるのです。

2年目は自分の目指す方向に合わせてカリキュラムを選んだり、進学するコースを決めます。アニメの声優の他にナレーションやアニソンコース、演技のコースなど様々な種類があるので、好きなものを選択するだけです。アニメーションコースならアニメの映像に合わせて声を当てはめたり、ナレーションコースなら映像に合わせてタイミング良くアフレコが出来るように訓練します。さらに専門学校によってはメイクの指導もあり、声優の露出が増えていることから自分を美しく見せるための授業を取り入れている学校もあるのが特徴です。

アニメや映画の世界で活躍できる声優。声優になりたいのなら、声優の専門学校に進学し、オーディションを受けるのが近道です。

You may also like...